当前位置:首页> 日语资讯> 日语文化

常州日本留学--万葉集

发布时间:2017-10-24  来源:  浏览:966

万葉集

万叶集

日本に、大和地方を中心とする古代国家が誕生したのは4世紀の後半だ。このころから、中国文化の影響を受け、漢字を用いて歌が書かれるようになった。『万葉集』はこのような時代に成立したものだ。作者層は、天皇、皇族から広く庶民にまで及んでいて、歌の数は4500週にもなる。各作品の年代は4世紀ごろから8世紀後半までの450年もの長期間にわたっている。

4世纪后半期,在日本出现了以大和地方为中心的古代国家。从那时起,人们开始受到汉文化的影响,并使用了汉字创作诗歌。《万叶集》就创作于这一时期。共收录了诗歌达4500首,作者层既包括天皇和皇室成员,也有一般庶民。创作年代从4世纪到8世纪,跨越450年之久。

 

竹取物語

竹取物语

『竹取物語』は平安時代前期に作られた作り物語である。作者は未詳で、学者か僧などの知識人がそれまで口承文芸として伝えられたものをまとめたものと思われる。現存する日本最古の物語であり、「伊勢物語」や「源氏物語」などの物語文学に与えた影響は大きいと言われる。

《竹取物语》是平安前期创作的故事。作者不详。一般认为学者或僧侣等知识分子把作为口承文学流传下来的故事进行总结,从而完成的。是日本现存的最古老的故事,据说对《伊势物语》、《源氏物语》都产生巨大的影响。

 

古今和歌集

古今和歌集

『古今和歌集』は、醍醐天皇の勅命によって編まれた初めての勅撰和歌集。延喜五年(905年)頃成立。略称『古今集。』真名序は紀淑望、仮名序は紀貫之が執筆した。和歌集としてだけでなく、古今和歌集仮名序は日本最古の歌論としても文学的に重要である。平安中期の国風文化確立にも大きく寄与し、『枕草子』では古今集を暗唱することが平安中期の貴族にとって教養とみなされたことが記されている。

《古今和歌集》是奉醍醐天皇的皇命编著而成的敕选和歌集。延喜五年(905年)左右完成。简称《古今集》。真名序由纪淑望,假名序由纪贯之执笔。不单是作为和歌集,古今和歌集假名序作为日本最古老的歌论,在文学史上都具有重要的作用。对平安中期国风文化的确立贡献也很大,在《枕草子》中记载到,背诵古今集被看作是平安中期贵族的一种修养。