当前位置:首页> 日语资讯> 日语文化

日语学习去哪里?朝日小编告诉您---平家物語

发布时间:2017-10-24  来源:  浏览:1038

平家物語 

平家物語

平家一門の繁栄から没落までの過程を描いて、軍記物語の代表作である。作者は未詳。琵琶法師という盲目の芸人が、琵琶を伴奏にして『平家物語』を語り広めいていく中で、多くの作者たちによって物語は統一されていったと思える。文章は雅語、俗語、仏語、漢語などを自在に取り入れた和漢混交文で、全体に仏教思想が流れている。

描述了平家一族从繁荣到没落的过程,是军事小说的代表作。作者不详。一般认为,双目失明的艺人琵琶法师用琵琶伴奏的方式,向人们弹唱《平家物語》,后来又经过许多作家之手,统一成现在的样子。小说中,汉、和文字交替使用,对雅语、俗语、佛教用语及汉字运用得当自如,全书自始至终充满宗教色彩。

 日语学习去哪里?朝日小编告诉您---平家物語 

井原西鶴

井原西鹤

商人の町、大阪では1642年(寛永19)に生まれた。革新的な俳諧師として活躍する一方、浮世草子の作者として『好色一代男』や『日本永代クラ』など、人間の欲望や享楽的な生活お描いた作品を数多く発表した。西鶴は江戸時代の人々の生活を現実的に描いた。その内容から好色物、武家者、町人物、説話物に分けることができる。

1642年(宽永19)生于商人之城——大阪。作为改革派俳谐师活跃于文坛,同时,创作了《好色一代男》《日本永代藏》等浮世草子,发表了许多描写人类的欲望和享乐生活的作品。西鹤用现实主义的手法描写了江户时代人们的生活。他的作品按内容可分为言情篇、武士篇、町人篇和海外见闻篇等几种类型。

 

松尾芭蕉

松尾芭蕉

松尾芭蕉は俳聖と呼ばれ、日本だけでなく、世界の詩人として、その作品が愛唱されている。人生は旅であるとの認識があり、また、自然を愛し、風雅の誠を極めるため、しきりに旅を繰り返したと言う。『奥の細道』には芭蕉が東北各地を旅行したときの風物、人情などが簡潔な文章によって書かれていて、紀行文の典型と言われている。文中には51句の俳句がはさまれている。

松尾芭蕉被称为俳圣,不只作为日本的诗人,作为世界的诗人,他的作品被广泛传诵。他认为人生就是旅行,热爱自然,为了探究风雅之情,他经常反复旅行。在《奥州小路》中,芭蕉用精炼的文笔,描绘了东北旅行中的风土人情。这篇游记堪称游记文的典范。文中还插有51首俳句。