当前位置:首页> 日语资讯> 日语文化

常州日本留学---日语美文阅读(文学篇):村上春树/吉本芭娜

发布时间:2017-10-24  来源:  浏览:1109

村上春樹(1949-)は日本の小説家、米文学翻訳家。1980年代以降の日本文学、現代文学を代表する文学者である。小説、エッセイ、ノンフィクションの他、翻訳も手がける。翻訳文体の影響が見られる文章と多彩な比喩に特徴がある。村上龍と共にW村上と呼ばれ、日本の現代文学の新しい世代の作家として注目を集める。『ノルウェイの森』がベストセラーになった時には、若い女性に人気の流行作家としての一面が強調され、一部には安易な恋愛小説だと批判する文芸評論家もいた。



村上春树(1949年~)日本的小说家、美国文学翻译家。是1980年代以后日本文学、现代文学代表人物。除小说、散文、纪实文学以外,也涉及翻译。其特征是具有翻译痕迹的文章和新颖多样的比喻。与村上龙并称为W村上,是日本现代文学的新生力量。当《挪威的森林》成为最畅销书籍时,有文艺评论家强调他是吸引年轻女性的流行作家,批评他的小说是一部简单的恋爱小说。



吉本バナナ

吉本芭娜娜





吉本バナナは、1964年吉本隆名(評論家・詩人)の次女として生まれ、、小さいころから作家になるのを夢見ていた。高校時代作品を書き始め、87年には『キッチン』で作家としてデビュー。その後、『TUGUMI』で、第2回山本周五郎賞を受賞し、現代の代表でき若手作家となっている。



吉本芭娜娜是吉本隆明(评论家、诗人)的二女儿,1964年生,从小就梦想成为作家。高中时代开始写作,87年发表处女作《厨房》,成为作家。之后,以《TUGUMI》在第二届山本周五郎奖获奖,成为现代具有代表性的年轻作家。



渡辺淳一

渡边淳一





1933年、北海道札幌市生まれ。札幌医学大学卒業後、同大学整形外科講師を経て、作家となる。70年『光と彩り』で直木賞受賞。80年『遠き落日』で吉川英治文学賞受賞。95年9月から1996年10月にかけて『日本経済新聞』に連載された『失楽園』は、単行本化され、上下巻合わせて約300万部と言う大ベストセラーとなった。



1933年生于北海道札幌,札幌医科大学毕业后,留校任整形外科讲师,后成为作家。70年代的《光与影》获直木奖。80年代的《遥远的落日》获吉川英治文学奖。95年9月-96年10月连载在《日本经济新闻》上的《失乐园》作为单行本发行后,已卖出约300万册,成为最畅销书刊。