当前位置:首页> 日语资讯> 日语文化

常州日语学习--日语美文阅读(文学篇):樋口一叶/岛崎藤村

发布时间:2017-10-24  来源:  浏览:1125

樋口一葉(1872-1896)は東京府出身の、日本文学の小説家、作家、歌人である。近代以降では最初の職業女流作家である。24年の生涯の期間に近代文学史に残る作品を残した。『たけくらべ』では吉原近くの大音寺前を舞台にして、思春期頃の少年少女の様子ある文章で描いた。他に日記も文学的価値が高い。

樋口一叶(1872~1896年)出身于东京府,是日本的小说家、作家、歌人。是近代以后最初的女性作家。在短短24年的一生中,给现代文坛留下了大量作品。《青梅竹马》以吉原附近的大音寺为背景,用细腻的笔触描写了青春期少男少女的情怀。其他,在日记方面也有很高的文学价值。



島崎藤村

島崎藤村

島崎藤村(1872-1943年)は、日本の詩人、小説家。本名は、島崎春樹。北村透谷の雑誌『文学界』に参加し、浪漫的な第一詩集『若菜集』によって日本の近代詩の新境地を開く。後には小説家に転向、『破戒』を発表し、日本自然主義文学の先陣を切った。また、明治学院大学の第一期卒業生であり、同大学の校歌を作詞している。日本ペンクラブ創立者、初代会長。

島崎藤村(1872~1943年)是日本的诗人、小说家。原名島崎春树。参加了北村透谷等创办的杂志《文学界》,以第一本浪漫诗集《若菜集》,开创了日本近代诗的新境界。之后转向小说发展,发表了《破戒》,开创了日本自然主义文学的先驱。另外,他是明治学院大学的第一届毕业生,是该大学校歌的作词者。是国际文艺家协会日本分会的创立者,第一任会长。



志賀直哉

志賀直哉

志賀直哉(1883-1971年)は、小説家。白樺派を代表する小説家のひとり。代表作『暗夜行路』、『和解』、『城の崎にて』。白樺派の作家であるが、作品には自然主義の影響も指摘される。「小説の神様」または「短編小説の神様」と呼ばれる。無駄のない文章は小説の文体のひとつの理想と見なされ評価が高い。そのため作品は文章修業のための模写の題材にされることもある。芥川龍之介は、晩年志賀の小説を高く評価し自分の創作上の理想と呼んだ。

志賀直哉(1883~1971年)小说家。是白桦派的代表作家之一。代表作有《暗夜行路》、《和解》、《在城崎》等。有人指出,他虽然是白桦派作家,但是作品受到了自然主义的影响。《小说神髓》也被称为《短篇小说之神》。他的文章不拖泥带水,堪称小说文体的一种范本,评价很高。因此曾被当作练习文章时模仿的题材。芥川龙之介曾高度评价过志贺晚年的小说,称之为是自己创作的理想。